日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●南京大虐殺紀念館は、日本社会党委員長だった田辺誠氏が1980年代に南京市を訪れた際、建設するよう提案

田辺と村山、土井、全て、支那朝鮮の工作員社会党が日本に与えた屈辱は計り知れない。万死に値する。情けだ、切腹せよ。

                         f:id:hs34728:20150610000515j:plain

 

2013年12月16日、あるネットユーザーが中国のネット上に、南京大虐殺紀念館は日本人の出資によって建設された」と書き込んだことが話題となっている。


書き込みは「中国国民は、日本人が死んでも罪を認めないことしか知らない。南京大虐殺紀念館が日本の再三の提案と出資によって建設されたということを知っている人はどれくらいいるのか? 南京大虐殺紀念館は、日本社会党委員長だった田辺誠氏が1980年代に南京市を訪れた際、建設するよう提案した。しかし当時、中国側は資金不足を理由として建設に消極的だった。田辺氏の再三の提案と建設資金の寄付の申し出により、1982年に同紀念館の建設が始まった」などと書き込んだ。 

 


この書き込みに対して、中国のネットユーザーはさまざまな反応を示している。以下は、コメントの一部。

「知らなかった!」
「そうだったのか」
「デマじゃないの?」
「国民に拡散しよう!」

「真相は一体どうなんだ?」
「本当?以前の教科書には南京大虐殺の記述がなかった」


「これがデマかどうかはわからないが、もし事実なら歴史書の記述がひっくり返る」


百度(バイドゥ)には『被害者を悼むために、南京人民政府は1985年にこの紀念館を建設した』とあるぞ。どっちが正しいのだ?」

「だからって感謝しろとでも?」
「お前は島国から派遣されたスパイだな」


「100の紀念館を建設したところで、彼らの罪は償いきれない」
「もしそうなら、日本人はなぜ南京大虐殺を認めないのだ?」

「中国政府は長年、日本の中国に対する援助について何も言わなかった。不誠実だ!」


「右翼は少数、極右はもっと少ない。中国メディアは少数の意見を大量に報じるだけ」
「まったく恥ずかしい。中国政府はしっかり反省しろ!国民を誤った方へ誘導するのはうまいが、実際は国民のために何もできないじゃないか」

(翻訳・編集/北田)

 

 

http://www.recordchina.co.jp/a80643.html

 

広告を非表示にする