日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●日本は、食べ物にも歴史にもウソを持ち込みません。

おにぎりは、韓国起源と言わないのか?

                                         f:id:hs34728:20150610000515j:plain

日本発祥の「おにぎり」が今や韓国人の国民食に!=韓国ネット「比較するのは日本に失礼」「日本の悪口を言うに言えなかった…」

 

2015年6月6日、韓国・東亜日報は、大韓民国サッカー史の革命となった02年日韓ワールドカップの年に、もう一つの小さな革命があったと伝えた。


それは、「おにぎり」だ。日韓ワールドカップの時に有名なったが、実際には以前からあった。1989年に韓国にコンビニが最初にできた当時から販売はされていた。ただ、興味を示す客はほとんどいなかった。

韓国人の口に合うおにぎりが開発され始めたのは2000年代になってからだった。また、01年に初めて放映されたおにぎりのテレビコマーシャルが、その知名度を大きく上げた。

 

そのような中、02年のワールドカップとともに、人気が一気に高まった。韓国人に最も人気のある「全州ビビンバおにぎり」が出てきたのもこの時だ。同年に発売されて以降、販売ランキングで不動の1位を占めている。

おにぎりが最初に作られたのは日本だ。日本の研究者たちによると、平安時代にご飯を海苔で包んで食べる食文化が始まったとされている。今や日本と韓国の共通国民食となったおにぎりが将来どのように変化していくのか楽しみだ。

この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。

「日韓のコンビニのおにぎりを比べてみたが、日本のおにぎりは多様だ」


「日本のおにぎりは、ご飯におかずがたくさん詰まっているおいしい食べ物。韓国のおにぎりは、ご飯にご飯が詰まっている食べ物

「日本に行って食べてみたことがあるが、韓国とは比べ物にならないくらいおいしい。おにぎりだけではなく、コンビニのパンも韓国のベーカリー級だ。デザートもおいしい。うらやましいばかりだ」

「日本のおにぎりを食べて悪口を言いたかったけど、できなかった」


「そもそも食べ物で日本と比較するのは、日本に失礼だ」

「日本の完勝だな」


「結局、日本式のコンビニで、日本式の食品が売れるということだな」

 

(翻訳・編集/三田)

 

http://www.recordchina.co.jp/a110903.html

 

 

広告を非表示にする