日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●子分は直ぐに馳せ参じないと、親分が怒ってくるぞ。怒られるぞ。

事大主義だろうが、いつも通りにやれよ。

                                     f:id:hs34728:20150610000515j:plain

中国の抗日戦勝記念行事は空前の規模、米英豪日の首脳は不参加・・韓国ネットは「米国は我々を捨てた」「行かなかったら報復があるかも…」

FOCUS-ASIA.COM 8月19日(水)6時48分配信

 
 

 

韓国・朝鮮日報は18日、中国が9月3日に予定している抗日戦勝70周年記念行事(戦勝節)について、前例のない大規模な祝賀行事だと報じた。

記事によると、3日の午前10~12時には北京の天安門広場で1万人の兵力と最新兵器を総動員した閲兵式が行われる。

中国が建国説(10月1日)以外に閲兵式を開くのは初めてで、これほど大々的に外国を招待するのも前例がない。韓国の外交筋は「中国が戦勝70年で日本を抜き、アジアの覇権国の地位を取り戻したことを見せつけようとしている」と分析している。

閲兵式の後には、外国のVIPが参加する歓迎レセプションが開かれ、習近平国家主席と海外首脳の会談も行われる見込みだ。外交筋は「もし、訪中した外国首脳が閲兵式に参加しないと、中国側は『ゴルフ大会に参加してゴルフをしないで食事だけ食べに来た』と受け止める可能性がある」としている。

一方、今回の戦勝節に米国は不参加の方針を明らかにし、周辺国にも不参加を求めていることが明らかになった。英国やオーストラリア、日本の首脳はいずれも参加しない。韓国に対しては「参加してはならないと言ったこともないし、誰を行かせるべきと勧めたこともない」としているが、欠席を望んでいる。

外交筋は「今回の戦勝節を通じ、中国が外交・軍事面で米国中心の体制を崩し、新たな国際秩序を構築しようとしていると米国は考えている。このようなイベントに、(米国の)伝統的な友好国である韓国が引き立て役として参加する理由があるのか」と話している。

 


この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

国益のために出席すべきに一票」

「日本びいきの米国に警告するためにも中国には行くべき」

「現在の国益を考えれば、当然、訪問すべき。経済的には中国に依存している」

抗日は韓国民族の願い。行事にも出席した方がいい」

「50年先、100年先を考えてみろ。米国は韓国の味方ではない」

「近くて韓国に経済的な利益があるから、行くべき」

「韓国は米国に忠誠を誓ってきたが、米国は日本側に回った。そして日本は再び侵略の野望を露骨に見せびらかしている。いつまでも米国を気にしているわけにはいかない」

「米国は我々を捨てた。このままでは韓国に未来はない。国の品格を維持するためにも中国に行き、行事にも出席してほしい」

「米国は韓日の問題において、日本の味方。中国は信用できない。それに北朝鮮の問題もある。朴大統領は厳しい時代のリーダーとなった」

「大統領も頭が痛いだろうな」

「こんな大国に囲まれてるリーダーってつらい」

「中国の今回のイベントは、米国と日本を意識したショー。中国は強い国だ、見くびるなというシグナルを送っている」

「中国は韓国が来るか来ないか気にするだろうし、行かなかったら、報復があるかもしれない」

(編集 MJ)

 

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150819-00000009-xinhua-cn&pos=1

 

 

 

 

広告を非表示にする