日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●韓国人を理解する単語「ヤンバン」「恨(ハン)」「ジョン」

大恨民国と火病

                        f:id:hs34728:20150610000515j:plain

f:id:hs34728:20150615233042j:plain

 

日韓関係の今後を考えていく上でも、韓国人への理解を深めることは重要だ。彼らを理解できるであろうキーワードを紹介しよう。
 
●ヤンバン(両班)
朝鮮王朝時代における最上位の身分。日韓併合以後、両班制度は消滅したが、現在ではサムスンヒュンダイなどの財閥系企業に就職することが、「現代の両班」としてステータスを得ることになる。有名大学に入ることは、その地位への第一歩であり、韓国では激しい受験戦争が繰り広げられている。
 
●ハン(恨)
自分が本来いるべき場所や地位(例えば頭脳労働階級)に就けないことへの無念や悔しさ、もどかしさ、嫉みの感情。日本語の「恨み」とは意味が異なる。自分の無念な気持ちを解消しようとする気持ち。恨を表わす諺、「従兄弟が土地を買うとお腹が痛くなる」は韓国人が2日に1回は使うといわれているくらいに有名だ。
 
●ジョン(情)
友情、人情、恋愛感情、家族への愛情など、あらゆる「情」を一言で表わした韓国特有の言葉。「韓国人は情が深い」と言われるが、良くも悪くも一度関わった相手に特別な感情を持ち、嫌いな相手にも関心を抱き続けてしまうのが特徴。日本を執拗に攻撃するのも、この「情」が関係しているのか。
 
 

 

 

広告を非表示にする