日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●韓国気象庁が1年以上、機器の故障対策を行っていなかったんだと。

韓国の天気は、当たるも八卦、当たらぬも八卦。誰にも分からない。

                                     f:id:hs34728:20150610000515j:plain

f:id:hs34728:20150829172220j:plain

韓国の天気予報、さっぱり当たらない理由が判明=韓国ネット「日本の予報をカンニングしろ」「予報どころか、中継情報も間違ってる」

配信日時:2015年8月29日(土) 

 

2015年8月28日、韓国・YTNテレビは、このところ韓国気象庁の予報が頻繁に外れる原因を調査したところ、全国の気象観測装置が故障しているにもかかわらず、気象庁が1年以上対策を行っていなかったことが判明したと伝えた。


韓国の12カ所の地方気象台には、1台9億ウォン(約9300万円)するというウインドプロファイラーが設置されている。上空5000メートルまで電波を放出し、風の状態を測定、豪雨をもたらす雷雲の発生を予測するための観測装置だが、これに故障が相次いでいる。13年の故障は8件だったが、今年は35件、ひと月に4台が故障している計算だ。

1カ月に1度だった点検を、先進国の例を参考に半年に1度に減らし、予算も削減したことから問題が出始めた。昨年7月ごろからは事実上の放置状態だという。

韓国ではこれまで気象庁が税金をつぎ込んで高価な設備導入を繰り返してきたが、その設備すら保守管理がなされていないことが判明し、韓国のネットユーザーからは怒りのコメントが数多く寄せられている。



気象庁は予報をやめて解散しろ」


「あきれた」


「予報どころか、中継情報すら間違っている。台風が通る位置も日付も間違い、風速は常に15メートルと表示、そよ風程度でも強風が吹いているとうそ…」


「おまえたちを信じて海に出る漁師が哀れだ」

「予算が足りないというのは、おまえたちが全部自分でもらって残ってないという意味だろう?」


「それならそうと早く言え。いまさら言い訳にしか聞こえない」


「日本の予報をカンニングして発表しろ」


「おかげで傘ばかり増えたよ」

「その割にはよく当たる方だと気象庁を擁護するやつは、捕まえて捜査しろ」


「設備のせいにするのか?もともと、設備を守る仕事じゃないだろうに」


「日本の気象庁のサイトを見ると、中国からのPM2.5の飛来で韓国の地図は真っ赤になってるのに、韓国気象庁は今日も平和だ」

 

(翻訳・編集/和氣)

 

 

http://www.recordchina.co.jp/a117748.html

 

広告を非表示にする