日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●韓国よ、真実から目を背けるな。

 

f:id:hs34728:20150829153746j:plain

韓国教授の「慰安婦は性奴隷ではない」発言を学生が糾弾

Record China 9月22日(火)13時14分配信

 
 

 

2015年9月21日、韓国・京郷新聞によると、高麗大学のチョン・アンギ研究教授が授業中に親日発言をして問題になっている中、同校の学生がチョン教授を糾弾する壁新聞を掲載した。


高麗大学の掲示板に21日午後、「非常識な発言で民族の歴史を歪曲したチョン・アンギ教授を糾弾する」とする壁新聞が掲載された。この壁新聞にはチョン教授が15日の「東アジア経済史」と昨年11月の「経済学原論」の講義中に行った発言への糾弾内容が含まれている。

チョン教授は15日の講義中に慰安婦は性奴隷ではなく、韓国に帰ることができたのに(お金を稼ぐために)残った」「その時代は誰もが親日派だった」などの発言をして議論を醸した。

壁新聞を掲載した学生は、「従軍慰安婦は『性奴隷』が正しい。被害者の方々は大金を得ることもできなかったし、性病にかかったら、その場で銃殺された」と主張し、「教授としての責任を論ずる以前に一人の大韓民国人として、してはならない妄言」と述べた。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「若者よ、怒れ。非良心的発言に妥協してはならない」


高麗大でチョン教授のような発言が出てくるのは、昨日今日のことではない」


「このような教授から学んだ学生は親日になるのだろうな」

「『民族高大(同校のスローガン)』にこんな安っぽい教授がいるとは失望せざるを得ない。昨今の高麗大は民族の高麗大と呼ぶにふさわしくない。学生の方が『民族高大』にふさわしい」


「ヘル朝鮮(地獄の韓国)を救うことができるのは大学生しかない。頑張ってくれ」

「行動に出た韓国の若者を誇りに思う。将来を期待する」


「学生の行動を支持する。チョン教授を大学から追放して、刑務所に収監せねばならない。著書も禁書にする必要がある」

「学者としての意見の多様性を超えた非常識な発言だ。学校での講義ができないようにする必要がある。抗議する高麗大生たち頑張れ!」


「学生の中にまともな者がいてくれて幸いだ」

(翻訳・編集/三田)

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする