日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●中韓が安保法案に反対しているので、逆に日本にとってとても必要な事なのだ。

SEALDSも韓国も同族。共に日本が壊れることを望んでいる。

                                          f:id:hs34728:20150921010249j:plain

SEALDsと反原発団体が共闘、安倍政権に「NO!」=韓国ネット「こんな活動が堂々とできる日本、うらやましい」「がんばれ!日本の良心」

Record China 10月3日(土)15時20分配信

 
 

 

2015年10月2日、韓国・ハンギョレは、安倍政権に反対する市民集会が東京で大規模に行われたことを伝えた。

集団的自衛権の行使を柱とする安倍晋三政権の安全保障法制制・改正に反対してきた学生運動団体「SEALDs」と首都圏の反原発団体などが2日、東京千代田区日比谷公園野外音楽堂で「安倍政権 NO! 1002大行進」集会を開き、数千人が参加した。

過去3カ月以上に渡って反安保闘争の先頭に立ってきたSEALDsと、3・11福島原発事故後、日本の脱原発運動を主導してきた反原発団体が共に安倍政権に反対の声を上げた。

両団体は、「安倍政権を倒してこそ、民主主義を回復することができる」「日本を戦争ができる国にしてはいけない」などと主張した。


この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「日本に派兵して、彼らを助けよう」

「日本も間接民主制ではなく、韓国みたいに直接民主制に変えた方がよい」

「がんばれ日本の良心!あなた方が勝利してこそ、アジアに平和が来る。安倍を追放して過去の歴史を心から謝罪し合理的な賠償をすれば、日本をいくらでも広い心で受け入れることができよう」

「なんだかんだ言っても、自民党が権力を握っている」

「時代錯誤な妄想をしている安倍首相と右傾集団を権力の座から追い出し、平和な日本を守るために日本国民が抵抗するのは極めて当然のことだ」

「安倍も朴槿恵(パク・クネ)もやっていることは五十歩百歩」

「こんな活動が堂々とできる日本がうらやましい」

 

(翻訳・編集/三田)

 

 

 

 

 

広告を非表示にする