日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●間違った歴史観をすり込まれた不幸な市民。

これは、韓国の自作自演なのか?

 

f:id:hs34728:20151214151912j:plain

                               f:id:hs34728:20150610000515j:plain

f:id:hs34728:20150829172220j:plain

 

 

2015年12月12日、韓国・聯合ニュースは、靖国神社爆発事件の容疑者として韓国人が逮捕され嫌韓デモなどが懸念されていた中、日本で韓国公館に向けた不審物設置事件が発生したと伝えた。

横浜市にある韓国総領事館で12日午前9時ごろ、駐車場に正体不明の箱が置かれているのを、総領事館職員が発見し、地元警察に通報した。

総領事館によると、この箱は、横約35センチ、縦約15センチ、高さ約5センチほどの大きさで、外側に靖国爆破への報復です」という文章と「在特会」(在日特権を許さない市民の会)の名が書かれていた。

 

万が一の事態に備え、爆発物処理班が出動して箱を回収したが、箱には乾燥状態の汚物が入っていた。総領事館「外形状、人糞のように見えたが、人のものか動物のものかは確認が必要」と説明した。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「やっていることが姑息(こそく)だ」


「全く未開この上ない。自分たちでは報復したと思っているかも分からないが、やっていることは大昔の野蛮人そのものだ」

「日本のマスコミと極右の韓国叩き、韓国卑下、嫌悪が度を超えている。しかし何の対応もできずにいる大韓民国の言論界と無能な外交部が情けないばかりだ。韓国メディア、外交、政治による組織的な対応が必要だ」

「韓国でも『在特会』のような嫌日団体をつくって、同じように活動すればどうだ」


「このようなことをしていては、日韓互いに破局に向かうことになる」

「なぜ、罪もなく全く関係ない韓国領事館に八つ当たりするのだ?」

「爆発物処理班が汚物の処理とは、笑わせるな」


「その汚物が、人のものか動物のものか、あえて確認する必要があるのか?」

「この件は本当に腹が立つが、そもそもは、靖国神社爆破テロ事件が日本の極右に口実を与えてしまい起こった事件だと思う。他人に対して誤った行動をしたら、自分にも同じように跳ね返ってくるということだ」

 

(翻訳・編集/三田)

 

広告を非表示にする