日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●ユスリ・タカリの極悪国。

 

f:id:hs34728:20150626203208j:plain

                                              f:id:hs34728:20150610000515j:plain

日本企業4社など海運会社8社に罰金76億円 中国政府、「独占行為」理由に

中国国営新華社系のニュースサイト新華網は28日、中国政府・発展改革委員会(発改委)が最近になり、日本企業4社を含む国外海運会社8社に独占行為があったとして、罰金刑4億700万元(約75億9600万円)を科したと伝えた。

新華網が罰金徴収の対象となったと報じた日本企業は、日本郵船川崎汽船商船三井イースタン・カーライナーの4社。金額は2014年における売上高の4%-9%で、日本以外の企業を含めた8社合計で4億700万元とされる。

新華社によると、発改委は1年間にわたって調査した結果、8社が中国とその他の国の地域間でのRO-RO船による自動車、トラック、建設機械などの貨物運送について業務範囲や運賃について取り決めを設け、中国側が実施する入札においても、電話、会議、会食、電子メール、訪問などのさまざまな方法で意思疎通をしていたことが確認されたという。

発改委関係者は8社の行為は禁止されている「独占」に相当し、市場競争を妨げ、国際貨物輸送日を引き上げ、中国の業者やエンドユーザーに損害を与えたと説明したという。

すでに7月末には、発改委が日本優先、川崎汽船商船三井を含めた海運会社に「独占」に相当する商習慣を続けている疑いがあるとして調査中と報じられていた。

 

(編集担当:如月隼人)(イメージ写真提供:123RF)

 

 

 

 

 

広告を非表示にする