日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●日本人が苦手な韓国料理ベスト5

2016年1月17日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「日本人が苦手な韓国料理ベスト5が意外だ」と題するスレッドが立った。 


スレッドを立てたユーザーによると、日本人が苦手な韓国料理

1位はポンテギ(蚕の蛹)

f:id:hs34728:20160123225256j:plain

2位はスンデ(豚の腸詰)

f:id:hs34728:20160123225152j:plain

3位はトッポッキ(餅の甘辛炒め)とプルコギ

4位はトトリムク(どんぐりのでんぷんをゼリー状に固めたもの)

5位は朝鮮人参 

スレ主は、「ポンテギやスンデ、トトリムクは理解できるが、トッポッキとプルコギ、朝鮮人参は意外だ」とし、「トッポッキは『辛過ぎる』、もしくは『韓国を代表するB級グルメだが、実際に食べてみると平凡な味にがっかりする』という理由。プルコギは『日本のすき焼きの方がおいしい』との理由だという。朝鮮人参は『においを嗅ぐとむかむかする』との理由で嫌う人が多い』と説明している。

 


これについて、他のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「スンデが2位なんて信じられない!あんなにおいしいものを…」


「スンデは韓国式のソーセージだと説明してあげればいい」


「初めてスンデを見た日本人が『韓国人はヘビも食べるのか』と感心していた」

「スンデは意外だ。日本人は生臭い食べ物が得意なはず」


「日本の友達にスンデを見せたら、『エイリアンみたい』と言っていた。外国人には理解できないビジュアルなのかな?」


「スンデ、タッパル(鶏の足)は日本人と一緒に食べてはいけない。料理が出てきた瞬間、悲鳴が聞こえるよ(笑)」

トッポッキは道で売られているおやつだから、期待し過ぎたら駄目」


ポンテギは肌にも健康にもいいのに!今すぐにでも食べたい」


「日本人は料理の見た目に敏感だから。ポンテギやスンデも目をつぶって食べたら『おいしい』と言うに違いない」(翻訳・編集/堂本)

 

 

広告を非表示にする