日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●韓国KBSニュースが「磁気浮上列車の故障... 『恥』」・韓国聯合ニュースは「 開通初日に停止し『恥』」

 

韓国初「リニア」運行開始から、わずか8分で停止。「恥さらし」と地元メディアが批判。

2016年2月14日(日)

               f:id:hs34728:20160217215023j:plain

韓国で初めてのリニアモーターカーが運行を開始してわずか8分で急停車した、とインターネットで話題になっている。

開通したばかりのリニアモーターカーは、仁川(インチョン)国際空港駅と龍遊(ヨンユ)駅までの6.1キロメートル、6つの駅を約15分で結んでいる。韓国独自の技術開発で、開通前から、日本の「リニモ」(愛知高速交通東部丘陵線)に次ぐ「世界で2番目に商用化された」リニアと熱心にPRしていた。

■制限速度を3キロ上回り、安全のため緊急ブレーキ

急停止したのは、開通記念行事で出発した「1番列車」。中央日報日本語版(2016年2月4日付)によると、リニアモーターカーは線路から8ミリメートル浮かび、時速60キロで走行していたという。韓国国土交通省は、「行事の進行をスムーズに行うため、ウォーターパーク駅に停車せず通過したところ、龍遊駅まで約300メートルの地点で車体が落ちて急停車した」と状況を説明。約10秒後には運転を再開し、龍遊駅に到着した。

原因については、「制限速度の時速35キロメートルを3キロ上回ったため、安全のため緊急ブレーキがかかった」とみている。運行システムの設定とおりに安全装置が作動した結果で、車両故障や事故ではないと強調。その後、「1日に47回運行したが他の障害は発生しなかった」と釈明した。3日の営業運転終了後に、「速度制御プログラムを補正した」と伝えている。

韓国版リニアは磁気浮上式で、1989年から研究開発を開始した。韓国機械研究院と現代・起亜自動車グループ系列の鉄道車両専門メーカーのロッテムが共同開発。その名は「マグレブ」。4149億ウォン(約404億円)を投じて実用化した、機関士がいない無人運転方式で、最高速度は時速110キロ。ふだんは時速60~80キロメートルで走行する。1両につき最大230人が乗れて、仁川空港公社は当面無料で運行するという。

韓国機械研究院は、建設費や運営費も「一般の電車より低減できる」と、説明している。

そんな韓国版リニアの「急停車」は、国内でも産経新聞が2016年2月14日付で、「韓国の肝いり『リニア』がわずか8分で運行停止『見切り発車』に追い込まれた理由」の見出しで、「2012年に完成したものの、その後多くの問題が見つかり営業運転ができなかった」と、「いわくつき」だったことを報じた。

現地メディアは、KBSニュースが「磁気浮上列車の故障... 予見された『恥』」、聯合ニュースは「仁川空港磁気浮上列車 開通初日に停止し『恥』」などと批判。韓国の威信は「地に落ちた」と嘆いた。

 

2007年の商用化を目指していたが、大幅に遅れる

地元・韓国のインターネットでも、

「国の恥だし、国費のムダ」


「横風が吹いたら運休、乗車率が高いと重くて浮かなくなって運休っていうアレか。まだやってたんだ」


「もっと慎重かつ徹底的に修正してくれ」

といった、辛らつな声が寄せられている。

また、日本のネットユーザーからも、

「ま、半年はチャレンジャーしか乗れんな」


「車体だけでなく、建設費も浮かせたんかwww」


「自動停止は働くんだな。凄いやん」


「やっと開業したんだ。不具合解消したのか?」


「自動運転で速度超過するリニアって…怖すぎる」


「もしかして『リニア』という名のモノレールか?」

などと、散々ないわれようだ。

じつは、韓国版リニアモーターカーマグレブ」は当初、2007年の商用化を目指していた。「マグレブ」が公開され、国や自治体の関係者らが試乗したのが2005年5月。

 

ドイツと日本に続き世界3番目に開発された「国産リニア」とのふれ込みで、レールに接しないで走るので騒音、振動がほとんどなく、速度はまだ遅いが実用化に備えて高速化を進める一方で、輸出をも目論むという、いわば国をあげてのプロジェクトだった。

その計画が遅れに遅れて2012年に試運転したものの実用化には至らず、15年6月末には8度目の延期を決め、12月末の期限をさらに延長して、ようやく開通にこぎつけた「念願」の列車のはずだった。

それだけに、韓国や日本のインターネットには、

「大丈夫なの…」

という声が後を絶たない。