日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●どっちもどっち。目くそ鼻くそ。

 

 

f:id:hs34728:20151008220929j:plain

 

 

韓国は中国人客を招いて騙す=人民日報 中国共産党がキレた!?

 

春節(旧正月)を中心とした長期連休も終わり、中国では連休中の様子を伝える報道が目立つ。その中でも海外旅行は相変わらず人気のようだ。香港・台湾を含め海外へ旅行に出た中国人はおよそ600万人で、旅行先には日本、タイ、韓国などが人気だという。

 

一方で中国を“率いている”中国共産党の機関紙、人民日報が18日「韓国は中国人旅行客を招致して騙している」との怒りを感じる見出しで訪韓旅行の現状を報じた。

 

同記事は韓国警察の発表を引用し、2月1日から14日までの捜査で外国人旅行客に対する414件の違法行為が発覚し、被告104人を立件したと紹介。前年の同期間には149件の違法行為が発覚しており約2.8倍となっている。

 

問題となった案件には、服飾や化粧品、健康食品などの偽ブランド商品を販売することや詐欺行為、未登録の住居をホテルとして提供するいわゆる「民泊」行為、タクシーなどの違法運営などがあるという。

韓国警察は中国人観光客の再訪率が20%であることの主要な原因の一つに違法行為があることを指摘した。

 

なお記事の後半部分では韓国警察が取締まりの強化を行っていることや、韓国政府・文化体育観光部や韓国観光公社などが外国人観光客の不満を解決する関係機関を設立したことなどを紹介。見出しから見て取れる“怒った”後に“フォローする”と言えるような内容を掲載した。

 

中国人観光客の「韓国離れ」が進めば、観光業に与える影響は大きい。韓国の主要産業は危機的な状況にあるとの報道もあるが、観光業にも暗雲が立ち込めている。

 

(編集担当:大平祥雲)(イメージ写真提供:123RF)

 

 

                                            f:id:hs34728:20150921010249j:plain

 

中国人に偽物を売っていたら人気を日本に奪われた韓国=「やっぱり日本に行った方が安心」「韓国人と日本人にはやはり違いがある」―中国ネット

 

2016年2月16日、中国メディア・新浪によると、韓国メディアが中国人旅行客に対して偽物に気を付けるよう注意を促した。

韓国メディアは今年の春節(旧正月)の休暇では中国人の旅行先として韓国は日本に人気を奪われたと指摘。その理由の一つに中国人旅行客が韓国で「さまざまな違法行為に遭遇すること」を挙げた。

 

実際韓国警察は、2月1日から14日の間に外国人を対象にした偽物販売や違法タクシーなど414件の違法行為を摘発、前年比177%増となった。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「やっぱり日本に行った方が安心だ」


「日本の方が誠実だと言わざるを得ないな」

民度を語ったら韓国は日本人に及ばない」


「どうやら韓国人と日本人にはやはり違いがあるようだ」

「韓国に行くお金があるんだったら日本に行けばいいのに」


「偽物を根絶するのではなく、本物と間違えないよう注意するというのは中国にそっくりだな。いつになったら日本のようになれるのだろう」

「韓国はパクリ偽物の元祖だからな」


「韓国はもともと偽物天国だからね。まさか韓国が先進国だと思っていたんじゃないだろうな」

「でも中国の方がもっと多いと思うけど」


「韓国で偽物を売っている人の半分は中国人」


「韓国メディアはずいぶん良心的だな」

 

(翻訳・編集/山中)

 

 

 

広告を非表示にする