読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●中国漁船は、見かけたら、即、駆除すべし。でないと、一気に増えてしまう。

f:id:hs34728:20160613223415j:plain

f:id:hs34728:20160613223500j:plain

 

中国漁船、独占操業で世界中の海が疲弊

中央日報日本語版 6月13日(月)

 

世界の海が、中国漁船の違法操業のために疲弊している。韓国や東南アジアなど中国大陸の近海だけでなく遠く中南米やアフリカでも他国の領海や排他的経済水域(EEZ)を侵して拿捕されたり撃沈されたりする事例が頻発している。

インドネシア海軍所属の駆逐艦は先月27日、ナトゥナ島の近海で違法操業していた中国漁船に警告発砲をした後、逃走しようとしていた中国漁船を追跡して拿捕し乗務員88人を逮捕した。

ジャカルタポストによれば中国漁船の近くでは中国海洋警察所属の監視船が漁船を援護しようとしたが、インドネシア駆逐艦が出動すると抵抗しなかった。

インドネシア当局は昨年5月21日、海軍に違法拿捕された外国漁船41隻を爆破したが、この中には中国漁船もいた。これについて洪磊・中国外務省報道官は「建設的に漁業協力を推進してきており中国企業の合法的権益を保護することを望む」として遺憾の意を表わした。

f:id:hs34728:20160613223538j:plain


先月20日には南アフリカ共和国EEZを侵してイカ漁をしていた中国漁船3隻が現地当局に拿捕された。BBCは当時、中国漁船に乗務員100人余りが乗っており600トンのイカが押収されたと報道した。

今年3月にはアルゼンチン海域で違法操業していた中国漁船が撃沈された。当時アルゼンチン海岸警備隊はブエノスアイレスの南側1300キロ地点で操業していた中国漁船が撤退の警告に従わず衝突を図って抵抗すると、重機関銃で撃沈させた。

当局は漁民32人を全員救助した後、船長を拘束した。中国の漁師たちの違法操業は、中国内の水産物需要の急増と沿岸の海洋資源の枯渇が絡み合ってあらわれた現象と分析されている。経済成長と共に海産物の需要が増えるとすぐに操業競争が広がって自国内の魚類が枯渇してしまったのだ。

このため韓国・日本などの近海はもちろんアフリカ・南米にまで中国漁船が出没している。国際環境団体グリーンピース「1985年にはアフリカ海域の中国漁船は10余隻に過ぎなかったが最近500隻に増えた」と明らかにした。


問題は、彼らが魚類の保護を念頭に置かない根こそぎ操業を日常的に行っているというところにある。

日本の朝日新聞は「東シナ海の日中共同操業水域で100隻ほどの船団が横一列になって漁をする中国の底引き網の漁船に押され、日本の漁船は操業しにくく漁場を失っている」などと報道した。

 

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

フィリピン警備隊が中国漁船を取り締まり、

「見つけ次第、拿捕」―米メディア

 

 2015年8月26日、ボイス・オブ・アメリカによると、中国とフィリピンの間で南シナ海における漁業権を含む権利争いが続いているが、フィリピンは中国漁船が違法操業しているとして、見つけ次第、拿捕(だほ)している。中国紙・参考消息(電子版)が伝えた。

フィリピンは小型の高速艇部隊で拿捕しているが、こうした高速艇は米国からフィリピン沿岸警備隊に提供されたものだという。拿捕に当たっているある部隊は、2014年違法にウミガメ漁をしていた中国人11人を拘束。責任者は、密漁船はパラワン島からわずか15キロの海域にまで出没していると話す。

こうした密漁船は、南沙諸島を埋め立て建設された前哨基地とともに、フィリピンの安全保障を脅かす存在になっている。フィリピン当局の責任者は、「懸念されるのは中国がフィリピン領であるパラワン州の一部を占拠していることだ」と話している。

なお、中国の王毅(ワン・イー)外相はシンガポールメディアの取材に対し、「中国は南シナ海で他国の領土を違法に占拠していない」と語っており、中国政府も中国漁船の漁業活動は中国の領海内で行われているとの認識を示している。

(翻訳・編集/岡田)

 

 

広告を非表示にする