読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●こんな輩が応援したってことは、選んじゃいけない候補ということだ。

 

鳥越俊太郎の第一声SEALDs奥田、駆けつける

日刊スポーツ 7月14日(木)16時12分配信

 
野党統一候補となった鳥越俊太郎(76)が14日、JR新宿駅東南口で第一声の街頭演説を行った。



約500人の聴衆に向け「51年間、アウトサイダーとして報道の現場を歩いてきた。インサイダーなんてなる気はなかった。だが、今回はアウトサイダーを気取っていていいのかと思い、人生の最後に悔いのないようにしたいと出馬を決意した」と訴えた。

舛添要一氏の公私混同問題にも触れ「国民、都民が汗水垂らして働いた税金がちゃんと使われているかが大事だ」と訴えた。

演説前には民進党共産党、生活の党、社民党国会議員のほか、SEALDs創立メンバーで大学院生の奥田愛基(24)も駆けつけた。

 

 

 

 

広告を非表示にする