読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●何と、「岸田外相が、稲田防衛相の靖国参拝控えるべきと」、ふざけた事を言っている。阿呆。

f:id:hs34728:20160805211710p:plain

                                      f:id:hs34728:20160728085144p:plain

f:id:hs34728:20160805212222p:plain

 

岸田外相は、今月15日の終戦の日の閣僚の靖国神社参拝をめぐり、稲田防衛相について、参拝を控えるべきとの考えを示した。

岸田外相は、2012年末の外相就任以来、靖国神社へは参拝しておらず、今年についても「安倍内閣の一員として、日本の外務大臣として、適切に対応する」として、参拝しない考えを示した。その上で、稲田防衛相についても参拝を控えるべきとの考えを示した。

岸田外相「稲田大臣も内閣の一員として、適切に対応されるものであると考えます」

稲田防衛相は、行革相だった2013年と2014年を含めて例年、靖国神社に参拝している。今年の終戦の日の参拝については、5日午前10時半過ぎの記者会見で、「参拝するとかしないとか申し上げるつもりはない」とした上で「内閣の一員として適切に判断して行動したい」と述べた。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする