読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●気色悪い。中国は、無茶苦茶。本気で今こそ、捨て韓捨て中をすべし。

トップブランド食用油も「下水油」!? 猛毒大陸・中国の「なんでもあり」食事情

 

工場からの汚水や生活排水が流れ込む下水。マンホールを取り外し、その下水からかき集めたヘドロ状の汚物から精製した油を、中国では「地溝油」と呼ぶ。

「中国では料理で使用した油をそのままキッチンの排水溝に流してしまうため、下水はドロドロ。工場でも環境配慮が皆無のため、油分を含んだ排水が垂れ流しの状態なんです」(在北京の通信社記者)

つまり下水は、地溝油の原料の宝庫となる。「地溝油は、集めた"原料"を密造工場で煮詰め、濾過(ろか)を繰り返して作ります。1トンの地溝油を作るのにかかる費用は、邦貨換算で約4200円。ちなみに、日本で流通する業務用食用油の小売価格は、1トン約26万円です」(前同)

密売グループは、1トンの"毒油"を1万円程度で販売しているというから、実にオイシイ商売に違いない。

かくして、地溝油は中国全土に爆発的に広まった。すでに、中国の食卓の4割近くに混入していると言われています。屋台はもとより、旅行ガイドにある有名料理店でも、地溝油を使っているケースがあると聞きます」(現地の商社マン)

日常的に毒油を口にしている中国国民。どのくらい健康に悪いかというと、「地溝油には胃がんの原因となる物質が含まれているため、食べ続ければ一定期間を経て死に至る」と、中華医学会の鐘南山会長が警告するほど。

見分ける方法は、「通常の食用油に比べると少し黒ずんでいて、なめると辛味がある」(前同)のが特徴だとか。

ただ、四川料理など、味付けが濃い料理に使用した場合、ほとんど見分けがつかないため、健康を気にする市民は皆、ブランド油を買っているという。

ところが、そのブランド油にも"地溝油混入"疑惑が持ち上がっているのだ。

ニューヨークを本拠とするテレビ局「新唐人」が、「中国北部における地溝油密売ルートの最終的な買い手は、大手メーカーの嘉里粮油有限公司。メーカー側は弁明しているが、同社の食用油『金龍魚』は中国で非常に有名」と報道。

さらに、「大量の地溝油が、"食用油"と書かれたトラックで、天津にある嘉里粮油有限公司に運ばれた」ことが判明したというのだ。

かの国では、"良心"にも毒が回っているようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする