読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●英中部マンチェスターで昨年起きた道路陥没事故では修復に10か月かかった

f:id:hs34728:20161116201024p:plain

f:id:hs34728:20161116201636p:plain

 

「巨大な穴を1週間で修復」…英米メディア驚嘆

11/16(水) 

 

【ロンドン】JR博多駅前の大規模道路陥没事故で、英米のメディアではわずか1週間で通行が再開されたことに驚嘆と称賛の反応が広がっている。

BBC(電子版)は陥没直後と通行再開後の写真を並べて「日本は巨大な穴を1週間で修復した」と伝えた。米CNN(同)は「日本の技術力の高さが証明された」と指摘。英紙テレグラフ(同)は「オリンピックプールの半分ほどもある巨大な穴を徹夜作業で修復した」とたたえた。

英ニュースサイトのメール・オンラインは、英中部マンチェスターで昨年起きた道路陥没事故では修復に10か月かかったことを説明した上で、「日本に学ぶべきだ」と指摘した。

ツイッター上では「感動した」「道路工事は日本人にやってもらうべきだ」といった声があふれている。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする