読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●城南市の李在明(イ・ジェミョン)、「日本は敵」と主張するアホ。

f:id:hs34728:20161029205651p:plain

                                       f:id:hs34728:20160728085144p:plain

f:id:hs34728:20170101231145p:plain

朴槿恵父親の祖国である日本のために死ぬ覚悟を決めたようだ」城南市長が強く批判

 

23日、韓国と日本が軍事情報の直接共有のための軍事秘密情報保護協定を締結し、激しい非難の嵐が起こる中、野党の大統領候補でもある京畿道城南市(ソンナムシ)のイ・ジェミョン市長が「売国の現場」として強く批判した。


イ市長はこの日昼、自分のフェイスブックを通じて

 

売国の現場を目撃する気持ちは無残なものだ。軍事的側面から見ると、依然として日本は敵性国家であり、日本が軍事大国化する場合一番先に攻撃対象になる場所は朝鮮半島であることは明らかだ。それなのに日本の軍隊を公認する軍事協定とは…」

と惨憺たる心境を伝えた。

 

彼は特に、朴槿恵(パク・クネ)大統領が国民の退陣要求と国会の弾劾手続きが進められているにも関わらず、この協定の締結を強行したことについて

 

「どうやら朴槿恵父親の祖国である日本のために死ぬ覚悟を決めたようだ。死ぬ覚悟の売国奴にはどうすることが正しいだろうか」

 

と問いかけもした。

 

 

 

 

広告を非表示にする