日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●アッパレ、石垣市長 陸上自衛隊配備受け入れ

f:id:hs34728:20161229114341p:plain

 

 

石垣市陸上自衛隊配備受け入れ

 

陸上自衛隊の部隊を沖縄県石垣島に配備する防衛省の計画をめぐり、石垣市の中山義隆市長は、26日の記者会見で、「南西諸島地域の防衛体制の充実は極めて重要だ」と述べ、部隊を受け入れる意向を示しました。

防衛省は、南西地域の防衛体制を強化するため、石垣島に500人から600人規模の陸上自衛隊の部隊を配備する計画です。この計画をめぐり、石垣市の中山市長は26日の記者会見で、「石垣市の行政区である尖閣諸島周辺で中国公船による領海侵犯が相次ぐなど、安全保障環境は厳しさを増している。日本の生命線であるシーレーンの確保など、南西諸島地域の防衛体制の充実は極めて重要だ」と述べました。

そのうえで中山市長は、「石垣島への陸上自衛隊の配備を理解し、防衛省に対し、配備に向けた手続きを開始することを了承する。現段階で『もろ手をあげてオーケー』というわけではないが、最終的には受け入れることになると思う」と述べ、部隊を受け入れる意向を示しました。

 

 

広告を非表示にする