日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●これで長嶺安政駐韓大使は、韓国に帰任させる必要はなくなった。

 

f:id:hs34728:20161029205651p:plain

 

撤去論争あった釜山少女像…該当自治体の態度が一変 「直接管理する」

中央日報日本語版 1/18(水)

 

釜山(プサン)東区(トング)が、日本領事館前に昨年12月30日に設置された「平和の少女像」周辺に防犯カメラを設置するなど少女像の直接管理に乗り出した。

朴三碩(パク・サムソク)釜山東区庁長は「市民団体やメディアから少女像を保護するべきだという要求が相次ぎ、少女像を見に来る観光客が増えたことから、少女像を区で管理することにした」と17日、明らかにした。

朴区庁長は続いて「近く少女像の様子を見に行き、防犯カメラの設置位置を決めて、像周辺の環境整備をどのようにしていくか対策を考える」と付け加えた。

だが、少女像を公共造形物として登録はしない。朴区庁長は「現在、釜山東区には公共造形物登録条例がなく、条例を制定する考えもない」とし「公共造形物として登録しなくても、道路上の防犯カメラなどを設置する法的根拠は充分だ」と説明した。

釜山市に少女像を管理するよう求めていた釜山東区が突然立場を一変させたのは、少女像を守るべきだという世論を無視できなかったという解釈だ。未来世代が建てる少女像推進委員会(以下、未少推)関係者は「ろうそく集会等を通して市民の力を感じた朴区庁長が政治的判断を下したようだ」と話した。

未少推は近く朴区庁長に会って少女像保護策を話し合う計画だ。釜山ギョレハナのユン・ヨンジョ政策局長は「釜山東区の条例上、少女像を『歴史文化拠点』に選定すれば管理にかかる費用を東区が支援できる」とし「少女像保護のための法的根拠を明確にした後、保護方法を東区と相談する」と述べた。

未少推はまた、18日、少女像を管理する若者グループ「少女像チキミ(守り人)」発足させる。少女像チキミは少女像の保護と周辺の清掃、訪問客の案内などのような役割を担う。韓日慰安婦合意案の廃棄活動も行う。マ・ヒジン(22、釜山大3年)未少推共同代表は「少女像を日本領事館前に設置した市民の力なら、韓日慰安婦合意案廃棄も引き出すことができる」とし「大学生を中心に少女像チキミを組織してさまざまな活動を展開する」と話した。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする