読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●韓国人曰く「日本の市民意識がなければ絶対に管理できない。韓国ならすぐにごみだらけになる」

韓国人が「日本でなければ実現不可能」と絶賛する風景とは?=「本当に不思議」「韓国ならすぐにごみだらけ」―韓国ネット

 f:id:hs34728:20170314110121p:plain

 

 2017年3月10日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、日本のある町の風景を紹介するスレッドが立ち、注目を集めている。 


スレッド主が掲載した数枚の写真には、道路脇の水路を泳ぐ色とりどりの鯉の姿が写っている。これについて、スレッド主は「島根県津和野町で撮られた写真」と説明し、「道路脇にある溝にもかかわらずきれいに管理されているところをみると、これは日本の市民意識がなければ実現不可能な光景のようだ。

 

鯉はどれもサイズが大きく、よく育っている。韓国では想像もできない風景で、本当に美しい。缶コーヒーを飲みながら鯉にエサをあげたらとても癒されそう。機会があれば行ってみたい」と感想を述べている。



このスレッドを見た他のネットユーザーからは、

 

「日本の市民意識がなければ絶対に管理できない。韓国ならすぐにごみだらけになる」

 

「本当に不思議。鯉を盗む人はいないの?」

 

「家の前がこんな風景だったらどんなに癒されるだろう?」

 

「韓国なら横にベンチとパラソルを設置して見料をとりそう」

 

「わあ…。とても穏やかな雰囲気。日本ならではの素朴さが感じられる」

 

「韓国の溝はたばこの吸い殻だらけなのに」

 

「日本のこういうところは見習いたい」

 

「韓国や中国なら釣って食べる人がいそう」

 

「日本には水路をきれいに管理している町が多い。ザリガニを見たこともあるよ」

 

など、日本を称賛するコメントや韓国と比較するコメントが多く寄せられた。その他、

 

「鯉は数カ月で死んでしまうのでは?お腹の中はたばこの吸い殻でいっぱいかも」

 

「野良猫対策はどうしているのだろう?」

 

との声もあった。(翻訳・編集/堂本)

広告を非表示にする