読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●中国人、マラソンでも不正行為。替え玉参加やコースのショートカット、ゼッケンの偽造

替え玉、バス移動、リレー…不正行為オンパレードの中国マラソン大会に当局が警告―英紙

23日、参考消息は、近年マラソン熱が高まりつつある中国で、当局が大会での不正行為に関する警告を発したとする、英紙タイムズ電子版の21日付報道を伝えた。資料写真。

写真拡大

2017年3月23日、参考消息は、近年マラソン熱が高まりつつある中国で当局が大会での不正行為に関する警告を発したとする、英紙タイムズ電子版の21日付報道を伝えた。

記事によれば、中国国家体育総局は先日、賞金やランクアップのために不正行為を行った選手に対して、1回目は当該大会の終身参加禁止処分を、2回目は中国陸上協会の全認定レースの終身参加禁止処分を下すと発表した。

不正行為には替え玉参加やコースのショートカットのほか、1人の選手が2枚以上の記録用チップを装着して走る、ゼッケンを偽造する複数人がリレーして走るといった手口があるという。

2010年のアモイ国際ハーフマラソンでは一部選手が途中でバスを使用して失格となる「史上最低の不正事件」が発生。同大会では昨年12月にも替え玉ランナーが突然死するアクシデントが起きた。また、同じく昨年12月の深セン国際マラソンでは女性選手2人の代わりに男性が走る不正があった。

中国メディアによると、「他の大会の参加資格を得るため」「実際に走りたくないが、マラソンで完走したことをSNS上で自慢したい」などが不正行為の動機であるという。また、マラソンの参加証書で大学入試成績の加点を狙う高校生もいるようだ。
 
(翻訳・編集/川尻)
 
 
 
広告を非表示にする