日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●韓国が、日本以上に「平和ボケ」の症状を呈している

f:id:hs34728:20170331213241j:plain

2017.4.6 
産経抄】韓国が、日本以上に「平和ボケ」の症状を呈している 4月6日


北朝鮮がまた、弾道ミサイルを発射した。2017年4月6日、初めての首脳会談に臨むトランプ米大統領と中国の習近平国家主席への明らかな挑発である。

 

北朝鮮には核・ミサイル問題について、中国の仲介を受け入れるつもりはなさそうだ。となれば、米国単独で軍事行動に踏み切る可能性が出てきた。追い詰められた北朝鮮が最初に矛先を向けるのは、超大国の米中ではなく、むしろ日本と韓国である。

 

金正恩キム・ジョンウン)・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏殺害には、毒ガスのVXが使われていた。金正恩氏は体制維持のためならば、同胞に対しても核や化学兵器の使用をためらわない。ところが、その脅威にさらされている韓国が、日本以上に「平和ボケ」の症状を呈している。

 

▼来月に投開票される大統領選で最有力候補とされるのが、最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)氏(64)である。大統領になれば、北朝鮮への経済援助を再開すると明言している。在韓米軍に配備された迎撃ミサイルシステムには否定的だ。日本には、慰安婦合意の再交渉を求めている。つまり、日韓両国で北朝鮮に立ち向かう考えがまったくない。文氏を支持する人たちは、本気で現体制の北朝鮮との融和を望んでいるのだろうか。

 

▼北欧のスウェーデンから先月、7年前に廃止した徴兵制を復活するとのニュースが入った。バルト海で軍事的圧力を強めるロシアの脅威に対抗するためだという。日本では安保法制をめぐって、徴兵制復活につながるとの批判があった。ハイテク兵器を扱う現代の軍隊に、素人は不要である。ナンセンスな議論だった。スウェーデンも、国民の危機感を高めるのが目的だろう。

 

▼徴兵制があり緊張が続いていたはずの韓国で、一体何が起きているのか。

 

------------------------------------------------------------------------------------

                                    f:id:hs34728:20170408225259p:plain

2017.4.8 
平和ボケに染まりたくないあなたへ… 韓国は崩壊への道まっしぐらか? 『さらば、自壊する韓国よ!』呉善花


韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は逮捕され、1カ月後に後継者が選ばれることになりました。そんな激動する朝鮮半島情勢をいち早く分析したのが本書です。

 

呉善花氏は韓国から留学生として30年余前に来日。そのあと日本に帰化しています。それ故に透徹した眼で「母国」を観察しています。

 

今回の一連のスキャンダルのキーパーソンである崔順実(チェ・スンシル)らと朴氏との長年の癒着や、朴親子(朴正煕(チョンヒ)・槿恵)の確執、韓国容共リベラル派の潮流(金大中(キム・デジュン)・盧武鉉ノ・ムヒョン))などを総ざらい。

 

さらに慰安婦問題の嘘、金正男暗殺事件、次期大統領選挙の予測など盛りだくさんです。これ一冊で、朝鮮半島をめぐる日本、韓国、北朝鮮、中国など各国間の厳しい国際情勢の動きが手にとるように理解できると思います。

 

呉氏は、大統領選挙では容共リベラル派の候補者が一歩リードし「従北政権」誕生の可能性が高く、万が一、保守派の大統領が逆転勝利しても、日韓関係は今より冷え込み、韓国が北朝鮮にすり寄っていくのは必至とみています。

 

それを阻止する道は、軍による「戒厳令」しかないだろうと……。かたや、日本海に向けてミサイルをぶっ放すしかノウのない北朝鮮

 

その北朝鮮と所詮は「五十歩百歩」の独裁国家中国。こんな厳しい国際情勢が目の前にあるのに、日本の国会は能天気に何を議論しているのやらと不安になります。

 

そんな「平和ボケ」に染まらないためにもこの一冊をお手元へ。(ワック・920円+税)

 

 ワック株式会社「書籍部・歴史通」編集長 仙頭寿顕