日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●民進党で「内ゲバ」発生

f:id:hs34728:20170606114953p:plain

http://www.sankei.com/politics/news/170605/plt1706050031-n1.html



2017.6.5 20:31
百田尚樹氏講演会中止問題】有田芳生参院議員、講演中止関与「まったくありません」 原口一博総務相「有田さんは念頭になかった」


有田芳生
作家の百田尚樹氏の講演会が中止になった問題をめぐり、民進党議員同士がツイッターで激しく応酬した。原口一博が「特定の議員が介入したとも聞く」と書き込み、有田芳生が「『ある議員』とは有田芳生を言い募るあまたの書き込みでしょう」と反論した。

 

原口は5日、産経新聞の取材に「有田さんは念頭になかった」などと答え、有田は同日、産経新聞の質問状に回答を寄せ、講演中止に関与したことには「まったくありません」などとコメントした。両氏とのやりとりは以下の通り。

【原口】

--ツイッターに「学生のイベントに特定の議員が介入したとも聞く」と投稿した理由は

「議員が介入したらしいと関係者からメッセージをもらった。大学自治の場で仮にそういったことがあれば慎重に行うべきだと考えて投稿した。ただ、具体的な中身や個人名は聞いていなかったので、あいまいな表現になった」

 

--「特定の議員」とは有田芳生を指すのか

「違う。有田さんは念頭にはなかった。そもそも同僚議員であればツイッターで指摘などせず、直接確認する」

 

--ツイッターでの応酬後、有田とは連絡をとったか

「今朝、電話をかけたし、今日午後も有田さんの事務所に行ってきた。ただ、公務の準備で忙しいようで連絡はつかなかった。(事務所の人に)『今度、飯でも一緒に食べましょう』と伝えた」

 

--民進党で「内ゲバ」が発生したなどとネットで騒ぎになっている

内ゲバなんて違いますよ。今回は私の配慮が足らず、有田さんには申し訳なかった。(4日に)地元をまわっていた間に、拡散されたようで夜、確認してみて『偉いことになったな』と思った。有田さんもちょっと虫の居所が悪かったのか」

 

【有田】

--いかなる根拠で「ある議員」とは自らのことだと思ったのか

「この問題でデマに基づいて名前をあげられてきたのは私だけだから」

 

--百田氏は「国会議員の有田ヨシフが、私の講演中止運動のツイートを、キャンペーンと銘打ってリツイートしていました」(原文ママ)とツイートした。講演中止キャンペーンに関与した認識はあるか

「まったくありません。ネット上で行われていた署名に共感する一人として賛同しただけです」

 

--講演中止については「表現の自由に対する圧力がかかっている」と擁護する声も聞かれるが

「一橋大の関係者が判断され、中止したものだと思います」

 

--原口とは民進党所属の議員同士。なぜ電話など直接の手段でなく、原口にツイッター上で返答を求めたのか

「公で明らかにされたことは公に問うのが原則です」