日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●自販機の数の差は民度の差の表れ

日本の自販機の数は韓国の100倍、決定的な違いは?韓国ネット「確かに韓国は日本と全然違う」「自販機の数の差は民度の差の表れ?」

6日、韓国・ヘラルド経済は、日本と韓国で設置数に100倍もの差があるという自動販売機について取り上げ、両国の自販機が置かれた環境の違いを伝えた。写真は韓国の地下鉄駅にある自動販売機。

 

2017年7月6日、韓国・ヘラルド経済は、日本と韓国で設置数に100倍もの差があるという自動販売機について取り上げ、両国の自販機が置かれた環境の違いを伝えた。

日本自動販売機工業会と流通業界によると、昨年末基準で日本の自販機の数は494万1400台、飲料や食品、アイスクリーム、たばこなど生活用品の自販機が364万8600台とその大半を占め、全体の販売額は47億3603万円に達する。

一方、韓国の食品医薬品安全処(食薬処)が集計した韓国の自販機数は3万4556台。日本の約100分の1の水準だ。実は韓国で自販機は毎年のように衛生問題を引き起こす悩みの種の一つになっており、この台数の差にはそうした背景も影響しているようだ。

2015年に食薬処が集計した食品販売店の自販機監視違反件数は413件、衛生に関する施設基準を満たしていないケースが287件に達した。また今年初めにソウル市が自販機2000台を調査したところ、このうち約15%(364台)が衛生不良として摘発された。

これに対し、日本の自販機市場では、「韓国のように衛生問題が大きく浮上することもなく、日本の自販機には宣伝のビラやステッカーも一切付いていない」と記事は指摘、商品の多様化も進んだことで「日本の自販機は一般的な店で売られていないユニークな商品を売る街のオアシスとなり、高齢化と労働人口減少が進む中で市場はさらに大きくなるものとみられる」と予測した。

日本自動販売機工業会「自販機は電力消費を低減し人件費を下げる効果的な販売手段」とし、「自販機市場はさらに成長していくだろう」と予測している。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは
 
「日本ではいろんなものが自販機で買えてとても便利」
「韓国では、お金が機械に詰まったと、自販機を蹴っている人の姿をよく見る。日本と全然違う」
「日本にはアイスクリームの自販機があるのが不思議」
 
など、日本との違いに触れた意見が多く寄せられた。

また、
「自販機設置台数の差が民度の差を表しているような気がする」
「自販機を語る以前に日本では『ぼったくり』料金がない。疲れ切った後進国・韓国の商売人よ、日本に学べ」
 
など、自虐的な意見もみられた。(翻訳・編集/三田)