日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●韓国気象庁の“予報”に不満集中、散々降った後に大雨注意報発令

f:id:hs34728:20170331213241j:plain

韓国ネット「いつものこと」「日本の気象台に頼もう」

 

2017年7月10日、韓国・JTBCテレビは、大雨注意報の解除からわずか3時間後に大雨が降るなど、韓国気象庁に対する市民の不満が募っていると伝えた。 

気象庁は、9日午後10時に首都圏地域に発令していた大雨注意報を翌10日午前4時に解除していたが、同日午前7時からの1時間に、ソウル中心部の汝矣島(ヨイド)で27ミリ、首都圏の始興(シフン)で33ミリ、光明(クァンミョン)で30ミリに達する大雨が降った。その後、午前11時30分に再び大雨注意報を発令したが、市民からは「これでは『予報』ではない」との不満の声が上がった。 

一方、気象庁は「大雨注意報は6時間で70ミリ以上もしくは12時間で110ミリ以上の雨が予想される場合に発令する。今回はそこまで降らなかったため、大雨注意報の解除は間違っていない」と、批判には納得できない模様だ。 

これを受けJTBCは、最近、韓国でも局地的な豪雨が増えていることに触れ、実態に即した予報体系の調整が必要だと伝えた。 

10日付の聯合ニュースによると、梅雨前線による影響で済州島(チェジュド)を除く韓国ほぼ全域で道路が冠水するなどの被害が相次いでいるという。こうした現状と、今年の梅雨を「空梅雨」と見通した気象庁の予測のずれにも、市民の不満は増幅しているようだ。 

ネットユーザーからも、

「国民のほとんどが気象庁の天気予報を信頼していません」

「いつものこと。“気象中継庁”だからね」

「毎日だまされ続けてる国民の方が納得がいかない」

「(気象庁が導入した)スーパーコンピューターは何をしてるの?街のスーパーのおばさんの方が正確なんだけど?」

など気象庁への批判の声が相次いでいる。 

 

中には、

「税金がもったいない。予報がもっと正確な海外の気象情報を利用しよう」

気象庁をなくして、沖縄米軍の空母気象台に頼むとか日本の民間気象台に頼もうよ」

という提案の声も上がっており、

「確かに全部当てるのは難しいけど、間違いもほどほどにしないと」

「もしかして、私でも気象庁に就職できるかも?」

と皮肉たっぷりのコメントを寄せるユーザーも目立った。(翻訳・編集/松村)

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

日本気象庁の豪雨への警戒呼び掛けに韓国ネットが感心しきり=「さすが先進国だ」「もし韓国で同じことが起こったら…」

 

2017年7月7日、福岡県や大分県など九州北部で続く記録的な大雨で警戒が続く中、韓国の公共放送KBSが、警戒を呼び掛ける気象庁の会見で使われた、韓国では耳慣れないというある表現に注目し報じた。 

冒頭取り上げたのは、5日夜、気象庁が福岡県の一部地域に大雨の特別警報を発表したことを受け開いた会見で出たこの言葉だ。「これまでに経験したことのないような大雨となっている。重大な危険が差し迫った異常事態だ。土砂崩れや浸水による重大な災害がすでに発生していてもおかしくない状況だ」。 

その説明で「緊迫感を醸すこの発表文を出したのは、他ならぬ日本の気象庁だ」とし、今回の大雨の危険を知らせる気象庁の対応は、一言で言えば「積極的」だったと表現した。特別警報の発令地域が増えるたびに会見を開いて国民に直接注意を呼び掛ける、またそれをNHKがテレビ中継する、そのさまは「日本が総力を挙げ自然災害に対応している」ことを示していると評価したのだ。 

また、同じ5日夜のNHK総合テレビのニュースで、アナウンサーが繰り返し「数十年に一度あるかないかの災害が迫っている。周辺の状況を確認し、すぐに安全を確保してほしい」と呼び掛けたことにも言及、「気象庁が…と発表した」という伝聞形式ではなく、住民に直接注意や避難の必要性を訴え掛けていたと伝えた。 

7日朝までに、この大雨により6人の人命被害が出たほか、住宅や鉄橋が流される、道路が陥没するなど多くの被害が判明しているが、KBSは「各機関の積極的な対応がなければ、こうした被害がどこまで大きくなっていたか分からない」とした。 

伝えられた日本の気象庁の働きに、韓国のネットユーザーも感心しきりのようだ。「こういうことこそ学ばなきゃ」「やっぱり日本は先進国だね」「さすが日本、ということを示してくれる事例だ」「韓国気象庁も見習ってくれ!」などの声が寄せられ、多くの共感を得ている。 

また、

「日本は天気を予報するが、韓国は中継しかしない」

「韓国は雨が降ろうが雷が落ちようが、人が流されても何も考えていないようだ」

「韓国は『水爆弾』とか『空に穴が開いた』とか、やたら刺激的な言葉の記事が出るだけ。災害報道は本当に後進国だよ」

など韓国気象庁やマスコミへの批判も多く並ぶ。 

さらに、

「韓国人の安全不感症が最大の原因」

「日本は観測や予報官に投資するけど、韓国は美人でセクシーなお天気キャスターに投資」

など韓国の問題を指摘する声のほか、

「もし同じことが韓国で起こったら、テレビは短めに字幕で注意を出すだけで、あとはドラマを流すんだろうな」

 

と嘆く声もあった。(翻訳・編集/吉金)