日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●日本大好きのアリアナ・グランデ

関連画像

日本びいきのアリアナに韓国ファンが怒り心頭、「ヤマモト・グランデ」とやゆも

 

2017年8月16日、韓国での初の公演を盛況のうちに終えた米国の人気歌手アリアナ・グランデに、韓国人により「ヤマモト・グランデ」という日本人姓らしきあだ名が付いたと、韓国の複数のメディアが伝えた。

アリアナは15日、ソウル市内の高尺(コチョク)スカイドームで初の訪韓公演を行った。その歌唱力とパフォーマンスには会場のファンたちも満足したようだが、このコンサートを前にしたアリアナの「態度」が韓国で問題視されている。

騒ぎの発端は、公演ぎりぎりになっての入国だ。アリアナは「報道陣などに写真を撮られたくない」との理由で当初は公演前日の14日とされていた韓国入りをキャンセル、15日の公演開始3時間前にようやく入国した。そして、初めての会場にもかかわらずステージでのリハーサルはなし、代わりにトイレで練習する様子をSNSにアップし、「韓国公演への誠意がない」と非難を浴びた。

さらに、韓国の直前に開いた日本公演では、2日前から日本入りしリハーサルに精を出すなど準備に怠りなかったことが報じられ、韓国人ファンの怒りがさらに増幅してしまったようだ。SNSでは、日本ばかりをひいきするようなアリアナを指し、「ヤマモト・グランデ」と日本人らしきあだ名を付け批判する韓国人ユーザーまで現れた。

結局、アリアナは公演終了後間もなく韓国をたち次の公演地であるタイ・バンコクへ向かった。韓国滞在は15日午後のわずか7時間ほどだったといい、これには韓国のネットユーザーから「本当の話?だとしたらあまりにひどい」「本当に韓国にいるのが嫌だったみたいだ。日本には60時間以上いたらしい」「韓国が北朝鮮と戦争中だと思ったのかな」「この子もケイティ・ペリーと同じで親日か」など怒りや失望の声が多数上がっている。

また、公演を実際に観覧したという韓国の女性グループ「少女時代」のテヨンは、アリアナのSNSに「韓国にはおいしいものが多いのに」と、超短時間の滞在を残念がるコメントを寄せた。(編集/吉金)