日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●「希望の党」公認拒否、民進“排除名簿”に載る15人の名前

小池百合子、排除されないということではなく、排除いたします。」

 

小池百合子都知事が代表の新党「希望の党」との“合流”を決めた民進党に戦慄が走っている。前原誠司代表は28日、「希望者全員の公認を求める」と言っていたが、やはり小池氏は“排除の論理”で選別するようだ。すでに「排除リスト」なるものまで出回っている。

小池氏と前原氏は29日午前、民進から希望に移る候補者について会談。といっても、わずか15分ほどで終了。記者に囲まれると小池氏は「全員を受け入れることはさらさらない」と言い切った。

午後の記者会見ではさらに冷酷な言葉を繰り出した。

「排除されないということではなく、排除いたします」

こう言ってのけた上で、候補者は最終的に「自分が決める」と断言した。

安全保障政策や憲法観などの基本政策で一致できるかが選別基準だとしているが、まさに「私の考えに合わせない者は入れない」という“小池独裁”の様相だ。

こうした小池氏の意向を受けてなのか、それとも小池氏周辺が勝手に言っているのか、出回っている「排除リスト」にあるのは前職12人、元職3人の計15人だ。

菅直人東京18区
野田佳彦 (千葉4区)
岡田克也 (三重3区)


赤松広隆 (愛知5区)
長妻昭 (東京7区)
枝野幸男 (埼玉5区)


安住淳 (宮城5区)
近藤昭一 (愛知3区)
辻元清美大阪10区


阿部知子 (神奈川12区)
篠原孝 (長野1区)
初鹿明博 (東京16区)


海江田万里東京1区
手塚仁雄 (東京5区)
櫛渕万里 (東京23区)

共産党との共闘に転換の動きも

首相や党代表、幹事長など幹部経験者、リベラル系、そして小池のお膝元である東京の候補者がターゲットにされている。

政治ジャーナリストの角谷浩一氏はこう言う。

「小池さんは自分がトップなのだから『自分より偉い人は要らない』ということなんでしょう。『言いたい放題』の党風だった民進党に、『黙って言うことを聞く』文化を植え付けようとしているようにも思います。安保政策や憲法観を“踏み絵”にしたのはリベラル系を切るためというより、『絶対に共産党とは組めない』ということを世間に見せつける目的があるんじゃないか」

入党前から吹き荒れる“恐怖政治”に、さすがにやってられない、ということだろう。「希望の党とは肌が合わない」(前職の逢坂誠二氏・北海道8区)と、無所属での出馬と共産党との共闘を視野に入れる動きも出てきている。

いやはや、もうグチャグチャ。野党は、希望vs排除組・共産に分断される可能性が出てきた。