日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●カーリング精神からすれば、藤澤にとっては当然の行為だったが・・・・「反則だ。綺麗なのに心まで美しい」

f:id:hs34728:20180224170657p:plain

藤澤五月、敗戦後の“ある行動”に韓国も賛辞「心まで美しい」「真のスポーツ精神」

 

日韓戦で敗れるも…韓国メディア「真のスポーツマンシップを見せた」

平昌五輪は23日、カーリング女子準決勝で日本は韓国に延長戦の末に7-8で惜敗し、決勝進出ならず。24日の3位決定戦でイギリスと銅メダルをかけて戦うことになった。スキップの藤澤五月が涙を流したが、敗戦直後に韓国と健闘を称え合うシーンが話題を呼んだ。韓国メディアも「真のスポーツマンシップを見せた」と称賛している。

「日本カーリング主将の藤澤五月が涙を流して話した言葉」と特集したのは、韓国紙「中央日報」だった。

記事によると「決勝進出を逃した日本カーリング代表チームのスキップの藤澤五月が涙を流した」と藤澤が悔し涙に暮れたことを紹介。会見で「悔しいのひと言しか言えません」と話し、試合展開を振り返り、韓国チームを称えたことなどを伝えている。そして、記事で特筆していたのは、試合後のあるシーンだった。

「藤澤は競技を終えた後、韓国選手たちに近寄って先に握手を求めて、真のスポーツマンシップを見せた」

このように記している。延長戦、7-7で迎えた運命の11エンド。最後のキム・ウンジョンのショットで試合が決すると、沸き立つ韓国の選手たちに向かい、藤澤から握手を求めた。悔しさを押し込め、素直に健闘を称え合った姿勢を「真のスポーツマンシップ」と表現している。

 

韓国で人気の藤澤、ネット上で反響「心まで美しい」「小平もそう、人格が素晴らしい」

今大会、「オルチャン(最高の顔)」の愛称が付き、清純美女として韓国ファンの間で人気沸騰した藤澤。試合後、ネット上でも藤澤に対する反応が続々と集まっている。

「藤澤さんの笑顔をもう一度見たい…ガンバレ」
「この選手は本当に圧倒的に上手だった」


「負けたけど一番きれいだった」
「反則だ。綺麗なのに心まで美しい」


「対戦相手だったけど、あなたは最高でした。銅メダルが必ず獲れますように」
「もし、カーリング個人戦の種目があったなら、金メダルは藤澤だと思う。とても上手だった」


「日本選手も頑張った。負けをすぱっと認める姿は本当に美しい。全てのエンドを笑いながら進めて。真のスポーツ精神に値します。イギリスとの次の試合に勝って一緒に表彰台に上れるといいですね」

このようにコメントが相次ぎ、「小平もそうだけど、人格が素晴らしい」とスピードスケート女子500メートルで銀メダルに終わったイ・サンファ(韓国)と抱擁を交わし、慰めた小平奈緒を引き合いに出して称える声もあった。

元来、審判がおらず、競技者ジャッジ制による、お互いのフェアプレーにより成り立っている競技。

カーリング精神からすれば、藤澤にとっては当然の行為だったのかもしれないが、決勝を逃したライバル韓国戦の後でも変わらずに貫いた姿勢は、大きな称賛の的になっている。(THE ANSWER編集部)