日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●南北朝鮮会談で訪れる日本危機のシナリオ

スピリチュアルブログ☆宇宙の兄弟たちへ 転載

https://www.spacebrothers.jp/2018/04/blog-post_27.html

 

北朝鮮金正恩と、韓国の文在寅大統領とが、南北軍事境界線付近にある板門店で、首脳会談を行っているニュースで持ちきりです


これで平和が訪れる、よかったとする歓迎ムードが多いかと思いますが、日本にとっては危険なシナリオが進んでいることを知るべきでしょう

 

韓国と北朝鮮が友好関係を結ぶ意味は、北朝鮮にとっては「平和ムード」を演出して、北への攻勢を弱める意図があります

 

韓国の文在寅にしても、外交成果として演出したい意図があるでしょう

 

これによって北朝鮮への圧力が弱まれば、ほんの時間稼ぎで終わりまた北朝鮮からの脅威を膨らませる事となります

 

これで米朝の会談があり、北朝鮮への圧力をアメリカも弱めれば、日本にとっては危機が訪れます

 

アメリカがたとえば、米国内に到達するようなICBM・大陸間の弾道ミサイルの開発を北が放棄するなら、北朝鮮への圧力を弱めるという事になればどうなるでしょう

 

アメリカにとっては自国が核兵器で攻撃される可能性が低くなるのでよいとしても、日本は中距離ミサイルで十分に北朝鮮の核攻撃が届く範囲です

 

北朝鮮が韓国やアメリカと友好関係を結び、米韓に攻撃しないとなれば、それで万歳かといえばそうではありません

 

むしろ北朝鮮核兵器の脅威は日本にのみ高まっていくため、日本にとっては大変危険な状況になっていくのです

 

ですので朝鮮半島の南北融和や、米朝の平和的な交渉があったからといって、日本は手放しで喜んではいられません

 

もしそうなれば、日本は単独で北朝鮮の脅威に当たらなくてはならなくなるのです

 

むろん北朝鮮核兵器に対応する能力はありませんので、将来は北朝鮮に脅されて、支援と称してお金を出し続けるか、植民地のようになってしまう可能性だってあります

 

そうならないためには、アメリカが北朝鮮への圧力を弱めるなら、北朝鮮の完全な核兵器の排除を成し遂げてからにすべきと日本は主張すべきです

 

見せかけだけの核放棄の宣言だけで、圧力を弱めてしまってはいけません

 

そうすればまた同じように北朝鮮に時間を与えるだけになります

 

北朝鮮は以前にも核兵器に開発を辞めるとして、国際的な支援を得ていましたが、結局のところ裏では開発を進め、現在のように核を持てしまい、脅威が高まることとなっています

 

金正恩は本気で核兵器を捨てようとは思っていないのが感じ取れます

金正恩の本音は時間稼ぎがしたいのです

彼はトランプ大統領が本気で攻撃してくるのを恐れています

 

なのでトランプ大統領の任期中だけ何とか時間稼ぎをしたい、という本心が感じられます

 

金正恩は民主主義の国家ではすぐにトップが入れ替わり、自分たちの独裁国家では終身で長く続けられるのを計算しています

強硬派のトランプ大統領の任期を過ごしてしまえば、また弱腰の大統領が出てくるだろうと見

越しています

 

ですので北朝鮮に時間を与えてしまうのは、日本にとっても脅威がますます高まることを意味しますので、「平和ムード」に流されないようにしなくてはいけません

 

しっかりと核兵器の排除を現実化させてから、圧力は弱めていくべきことを日本は主張していかなくてはなりません