日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●韓国人の「嫌いな国」、トップは日本

f:id:hs34728:20170331213241j:plain

http://www.recordchina.co.jp/b596808-s0-c60.html

2018年5月1日、中国メディアの騰訊網に「韓国人の嫌いな国トップ3は全てアジアの国」とする記事が掲載された。

記事は韓国メディアの報道を引用し、韓国の市場調査専門会社トレンドモニターが1日発表した「外交関係」の認識調査で、韓国人の最も嫌いな国は日本であることが分かったと伝えた。

 

それによると、「好感が持てない国」として、回答者の62.4%が日本を挙げた。中国は58.3%で、北朝鮮は53.9%、米国は24.9%、ロシアは24.0%だった。

 

日本を好感が持てないとした理由(複数回答可)は、日本政府の歴史認識の誤り(86.1%)、植民地支配の歴史(44.9%)、独島(日本名:竹島)領有権主張(41.0%)だった。

 

中国を「好感が持てない」と答えた人の割合は16年の33.5%から58.3%へと急増した。理由としては高高度防衛ミサイル(THAAD)問題と微細粉塵問題が挙がった。

一方、北朝鮮については、最近の融和ムードの影響もあり、「好感が持てない」と答えた人の割合は16年の70.4%から53.9%へと大幅に減った。

 

この記事のコメント欄には、中国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。

最も多くの共感を集めたコメントは「嫌いな国は全て周辺国だなんて、急に韓国人がかわいそうに思えてきた」というものだった。

 

また「中国のネット上で調査したら、日本、米国、韓国の順かな」というコメントには「確か数年前の調査で、最も嫌いな国は韓国だった。日本、米国、ベトナムがその後に続いた」という回答が寄せられた。「米国(の順位)は間違いなく、韓国より下」という人もいた。