日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●「必要な予防と措置を願う」 今大会最多ファウルの韓国戦にメキシコ指揮官が苦言

韓国が犯したファウル24は今大会最多、メキシコのオソリオ監督は苦言

 

ワールドカップ(W杯)ロシア大会は23日、F組の韓国はメキシコに1-2で敗戦。初戦のスウェーデン戦に続いて連敗を喫した。グループリーグ突破に首の皮一枚つながった状態だが、一方で話題を集めているのが韓国が犯した24のファウル。7のメキシコの実に3倍以上で今大会では最多。メキシコのフアン・カルロス・オソリオ監督が苦言を呈している。英紙が報じている。

どうしても負けられない。そんな強い気持ちが、ラフなプレーにつながってしまったのか。前半26分のPKを与えたシーンなど、韓国のファウルは24を数えた。うちイエローカードが4枚。危険なファウルは怪我に直結する可能性もあるだけに、英紙「ガーディアン」によると、メキシコを率いるオソリオ監督は試合後、こう話しているという。

「いつもはレフリーについて語るのは好きではないが、私にとって好ましくないことがあったし、それが我々に対しての24回のファウルであった。誰がそれを犯したのか、一目瞭然だ。フットボールのために、必要な予防と判断措置がとられることを願う」

時にはやむを得ないファウル。失点を防ぐために、どうしても必要なファウルもあるだろうが、韓国に関しては初戦のスウェーデン戦でも22個のファウルを数えており、2試合で46のファウルは、出場国中最多の数字だ。

この試合では幸いけが人が出ることはなかったが、メキシコを率いるコロンビア人監督はプレーの改善を心から願っていた。(THE ANSWER編集部)