日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●最初から、日本に関わるな。失礼にもほどがある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00000004-tospoweb-ent

f:id:hs34728:20171106120654j:plain

防弾少年団 秋元康氏を“急転排除”のウラ

K―POPユニットとして初めて全米チャート1位を獲得するなど世界的人気を誇る韓国の男性7人組グループ「防弾少年団」(BTS)が、作詞家・秋元康氏(60)を“切り捨てた”――。11月7日に発売するBTS新シングルの収録内容を急きょ変更し、秋元氏が作詞した「Bird」の収録を取りやめたことが明らかになった。コラボ曲が発表されてからわずか3日後の早すぎる変更。舞台裏を探ると、韓国ならではの反日感情があった――。


今月13日、BTSはトリプルA面シングル「Bird/FAKE LOVE/Airplane pt.2」を11月7日に発売することを発表。「Bird」の作詞をAKB48グループや乃木坂46欅坂46の総合プロデューサー・秋元氏が手掛けることを発表していた。

しかし、発表わずか3日後の16日、ユニバーサルミュージックの公式サイトで「11/7発売のニュー・シングルの内容を制作上の都合で変更することになりました」と説明。「発表直後の変更案内になりました事、お詫び申し上げます」と謝罪した。

K―POPグループをけん引するBTSは、今年の2作品がアルバムチャートで全米1位になったことで人気を不動のものにしている。それだけに、AKB48グループ、乃木坂46欅坂46といった人気グループを手掛ける秋元氏とのタッグは、大きな注目を集めていたが、今回の試みは頓挫してしまった。

秋元氏のファンであるBTSの所属事務所のパン・シヒョク代表が「ぜひBTSの歌詞をお願いしたい」とオファーしたことから実現したコラボ曲。BTS側からの熱烈オファーが実った形だったが、韓国内ではまったく違った情報が拡散されていったという。

「韓国はスポーツ界でもよく起こりますが、芸能も政治と切り離して考えられない。国を代表するグループが日本人とコラボすることに『日本が韓国を侵略してきた』と一部ファンから猛反発が起こった。これに、一部で秋元氏がBTS側に売り込んだような真逆の報道がなされた。“韓流ビジネスに狙いをつけた”というニュアンスで伝わってしまい、反日感情の火に油を注いでしまった」(韓国の音楽関係者)

さらに、ネット上ではかつて「AKB48メンバーの中で靖国神社を訪れている者がいる」「旭日旗に似たものが付いたコスチュームを着ていた」などと大騒ぎに。「BTSが“右翼グループ”と手を組んだ」などと断罪するファンまで出現した。

BTSの事務所も当初は静観していたが、一部ファンが『シングルの発売を中止しなければ不買運動を行う』などと声明文を出す事態に発展。事務所にも抗議の声が殺到し、コラボ中止の決断に至った」(前同)

昨年末のNHK紅白歌合戦には、6年ぶりにK―POPグループ「TWICE」が出場。韓国内でも“韓流復活”と好意的に報じられてきたにもかかわらず、こうした騒動が起きてしまうことに韓国の芸能事務所も頭を抱えているという。

「現在、韓国グループの日本市場への売り込みは、韓流ブームといわれたころより盛んかもしれない。いろんなグループが日本デビューしている。しかし、韓国の国民性として『日本人より韓国人の方が上じゃないと気が済まない』ところがある。だから、韓国アーティストが日本で売れるのはいいんですが、日本人が韓国市場に入ることは極端に嫌う。そのサジ加減が難しい」(同)

またしても韓国の奇妙な二面性が垣間見える騒動となった。