日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●韓国人教授「国交正常化をすれば親日は当然のこと」

ãã¤ã»ãã§ã³ãææãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

                                                  イ・ビョンテ教授

https://japanese.joins.com/article/323/255323.html?servcode=400&sectcode=400

 

市民団体「行動する自由市民」の共同代表、KAIST(カイスト)のイ・ビョンテ教授が「親日は当然のことだ」というタイトルの文章をSNSに掲載して論議を呼んだ。イ教授は7日午後、自身のフェイスブックを通じて「国交を正常化すればどの国とも仲良くしてこそ平和で共同繁栄が可能だ」として日本の経済報復措置以降広がった反日の雰囲気を批判した。 

また、「親米、親日、親英、親独、親仏をするのが正常」とし「どうして今でも『親日』が恥になるのか、日本で親韓も侮辱される世の中を作りたいのか?」と文章を残した。また「親日は当然のことで正常のことだ。反日が反対に異常」とし「『土着倭寇』の考えで他の人を攻撃するあなたは危険なファシストか、日本に対する嫌悪感で満ちた人種差別者や歴史進歩を拒否する知的能力にきわめて乏しい人」と主張した。 

イ教授は他の文章を通じて「土着倭寇を口にする人々は人種差別者、ファシスト国粋主義暴力犯、歴史コンプレックス精神病者、他人の人格と自由を攻撃するテロリスト」と発言した。 

 

 

イ・ビョンテ教授
02

学歴


主要経歴

  • KAIST経営大学教授、2001-現在
  • KAIST経営大学学長、2011-2013年
  • KAIST青年創業投資持株代表(CEO)、2014 -現在
  • SK社会起業家センターセンター長、2014 -現在
  • KAIST社会的責任経営研究センターセンター長、現在
  • KAISTデジタルサービス産業及び経済イノベーション研究センターセンター長、現在
  • The University of Illinois at Chicago経営大学助教授、1998 - 2001
  • The University of Arizona経営大学助教授、1994 - 1998
  • シンドリコー電算チーム長(CIO )及び、新規事業チーム長、1985 - 1994


産業体諮問活動

 

 

 

15