日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●とても心配だろうから、五輪は不参加にしたらいいんだよ。構わないからね。

 

東京五輪団長会議 韓国が放射能・食の安全など問題提起

8/21(水) 9:42配信

聯合ニュース

【東京、ソウル聯合ニュース2020年東京五輪に向け、各国・地域の国内オリンピック委員会NOC)代表らが集まる選手団長会議が20日に東京都内で始まった。

韓国から出席した大韓体育会(韓国オリンピック委員会)によると、大韓体育会は東京電力福島第1原発事故があった福島県の近隣競技場に対する放射能汚染の影響や選手団が利用する食堂の食材供給などの安全性について東京大会の組織委員会に質問した。

これに対し同組織委は安全な食材調達に努めているとし、韓国が問題提起した内容は事実でないと否定したという。

大韓体育会は22日の会議でこの問題をあらためて取り上げ、選手団の安全確保を求める考えだ。また、国際オリンピック委員会IOC)が客観的かつ専門的な国際機関に依頼して放射能問題の安全性について信頼できる情報を提供するよう、強く促す計画だ。

大韓体育会はまた、東京大会組織委の公式サイトの地図に独島が日本の領土であるかのように表記されていることに対し是正を求める予定だ。

選手団長会議は、東京五輪開催を来年に控えて各国・地域のNOC代表団が集まり、大会の準備状況を共有したり点検したりする場だ。IOCに加盟する206のNOCのうち、北朝鮮を含む12のNOCが欠席した。韓国からは大韓体育会のパク・チョルグン事務副総長が代表として出席した。

会議の初日、東京大会組織委の布村幸彦副事務総長は会場整備が着実に進んでいると紹介した。各国・地域の出席者からは、猛暑や競技場の水質問題への対策、地震発生時の避難経路に関する質問などもあったようだ。