2019年12月24日、中国・成都で首脳会談に臨む安倍晋三首相(右)と韓国の文在寅大統領(写真:YONHAP NEWS/アフロ)


迷走したまま本番を迎えるのだろうか。2020年東京五輪に参加する韓国のことである。

韓国の大韓体育会は東京五輪での目標を「10―10」と設定。要は金メダルを10個以上獲得し、総合メダルランキングで10位以内に入るという戦略だ。

しかし壮大な目標を掲げているものの現実を直視してみると、政治的要素によって大きく足を引っ張られようとしている。過剰なまでの「反日政策」が開催国・日本の怒りを増長させて自らの肩身を狭くさせようとしているばかりか、自国代表選手団からもヒンシュクを買ってしまうことで目標達成の足かせとなりつつあるからだ。

自国選手に日本の食材を口にさせない「食事制限令」

日韓首脳会談が昨年12月末、1年3カ月ぶりに実現。史上最悪と評される日韓関係の修復に期待が寄せられているが、そう簡単に好転するはずもない。スポーツ界も同様で、特に日本で行われる2020年東京五輪に関しては従来通り「参加こそするが、あくまでも敵国に乗り込む」というスタンスに何ら変わりはないようだ。

その流れの中で韓国側が開催国の日本に対し、未だに厳しい目を光らせながら槍玉に挙げているのが東京電力福島第一原発事故による放射能汚染の問題である。

日本側はIOC(国際オリンピック協会)のプレゼンテーションの場で安倍晋三首相が「アンダー・コントロール」という語句を用いながら放射能漏れの心配はなく、監視下において安全面が保障されていることを強調していた。選手村でも日本産の食材を使った料理を各国の代表選手たちに提供し、日本側としては全世界に「食の安全」をアピールする機会ともとらえている。

ところが韓国政府は大韓体育会を通じ水面下で自国の代表選手たちに選手村で用意される日本産の食材を使った食事を口にしないよう呼びかけ、それを実践させるための〝自衛策〟まで打ち出す方針を固めている。

東京五輪の選手村から約15分の場所に位置する日本のホテルを借り切って、韓国選手たちの臨時食堂を設営。国内にある国家代表選手村の専属シェフを日本へ派遣し、韓国から空輸された食材を使った料理を振る舞うというのである。

「復興五輪」の足を引っ張る韓国

いくら何でも、これはやり過ぎだろう。

確かに東日本大震災から9年近い歳月が経過しているとはいえ、未だに世界の23の国や地域が福島県など日本産の食品に対して輸入規制を敷いている。同様に韓国も日本側の反発をWTO世界貿易機関)の裁決によって退けたことを後ろ盾にし、福島など8つの県の水産物輸入禁止を今も継続中だ。

しかしながら、輸入規制を敷いている国や地域の中で、ここまで露骨な〝自衛策〟を貫こうとしているのは言うまでもなく韓国だけだ。

こうした背景に怒りを募らせ、開催国・日本のJOC(日本オリンピック協会)や関係各方面の中からは「そこまで言うならば、韓国は参加するな」と東京五輪出場にNOを突き付ける過激な主張まで飛び出している。JOCの関係者も「これはあくまでも個人的な意見」と前置きしながらも、顔をしかめて次のように本音をさらけ出した。

「日本は東京五輪東日本大震災からの『復興五輪』として全世界にアピールしようとしている。東京五輪に参加する国や地域の代表選手たちも、その趣旨に賛同してくれているのです。

もちろん東京五輪でも五輪選手村のダイニングで用いられる食材には、100項目以上の厳しい審査基準のクリアを義務付けられた安全品質の認証食材『GAP(農業生産工程管理)』しか認められません。だからこそ五輪村で調理に使われる日本産の食材も、すべてGAPの認証を得られたものになる。

現時点では決定していないとはいえ、今も風評被害に苦しむ福島県産のGAP認証食材も当然、東京五輪では選手村のダイニングに並ぶ可能性も十分にあります。そういう意味でも各国のアスリートたちを通じて日本の食材が美味しく、そして安全であることを知ってもらう絶好の機会なのです。

ところが韓国だけは異を唱え、この流れに水を差そうとしている。こんなワガママを容認してしまったら、他の国も追随するのではないかという心配もあります。どこまで日本の足を引っ張るつもりなのでしょうか。正直に言えば、こんな身勝手な振舞いを許すぐらいなら参加を辞退してほしいです」

東京五輪における韓国側の「身勝手」な方針に怒りを爆発させているのは何も日本だけではない。実は当の韓国代表候補選手たちも政府からの一方的な押し付けに対し、大きな不満を募らせているという。

わざわざ空輸してまで取り寄せた自国の食材を一流シェフが〝匠の技〟によって食べ慣れた韓国料理をこしらえてくれるのだから一見すると、韓国の代表選手たちにとってみればプラス材料となりそうな気もする。ところが、実際のところそうでもないようだ。

「食事制限令」が選手のストレスに

大韓体育会とも密な関係を築く在日韓国人の事情通は「代表候補の選手たちの多くも、この方針に心底呆れ返って失望している」と述べ、このように続けた。

東京五輪の選手村で用意される食事には手をつけてはいけない--。そんな言葉を密かに韓国側が代表選手団に徹底させ、露骨な『反日イズム』を押し付けようとしているのは目に見えている。

ただ、代表候補の選手たちからは『なぜ自分たちだけが離れた場所で食事を摂らなければいけないのか』『そんな面倒なことをせず設備の整った寝食のできる選手村で都合のいいタイミングで食事を摂れるような態勢にしてもらわないと、時間的なロスや精神面でのマイナス材料を招くのではないか』『こんな食事制限を設ければかえって逆効果につながってしまい、東京五輪では好結果につながらなくなってしまうのでは』などと不安を訴える者が続出していると聞く。

彼らが困惑しているのもうなずけますよ。我々のように日本に住む韓国人が普通に日本産の食材を美味しく、しかも安全に食べているのに結果を出さなければいけない代表選手だけが、こんなルールを押し付けられるのですからたまったものではありません。

東京五輪で母国のために戦う彼らが何だか気の毒にすら思えてきます。音頭を取っている黒幕の文政権は、無関係なスポーツ分野の五輪代表選手たちにまで自らの政治理念を強要しようとしているのです」

日本との対話に乗り出す構えを見せている文在寅大統領だが、東京五輪での無茶苦茶な〝食事制限令〟を聞く限り、とても歩み寄るとは思えない。内外でブーイングが飛び交う現状に目をつぶり、スポーツの祭典にまで「反日」を反映させようとしているからだ。

一方で自由を失い、ストレスを覚えながらの戦いを文政権によって強いられる韓国の東京五輪代表選手団に「10―10」を望むなど夢のまた夢だろう。

筆者:臼北 信行