日本よ、侍国家たれ。

日本は「サムライ国家」としての意気を示し、いわれなき批判を仕掛けてくる不届き国家に対し、断固反論しなければならない。

●あほか!本当に情報戦に弱い日本。情けない

gendai.ismedia.jp

 

 

新型コロナ、親日インドネシアが唱える「日本人のせい」は本当か 背景には日本政府への不満がある?

【松岡久蔵】新型コロナ、親日国インドネシアが唱える「日本人のせい」は本当か 背景には日本政府への不満がある?

 

日本人の入店・乗車拒否も

「まさか、世界有数の親日国と言われるインドネシアで、日本人がバイキン扱いされるなんて……」

同国の首都、ジャカルタに長く在住する自営業の男性はこう肩を落とす。

インドネシア政府は3月2日、新型コロナウイルスの国内感染者を初めて確認したと発表した。患者はダンススクール講師の女性(31)とその母親(64)で、女性は先月中旬にマレーシア在住の日本人とインドネシア国内でダンスをしたのだが、この日本人はマレーシアに帰国後、インドネシア人2人より先に新型コロナウイルス陽性と判明した。

Photo by gettyimages

テラワン保健相はこれを受け、「2人はこの日本人から感染した」と述べたが、科学的根拠は何も示されていない。さらに6日には、追跡調査で新たに2人の陽性が確認されたと発表した。

インドネシア国内では、ウイルスを持ち込んだのは日本人だとして、日本人が「感染源」と危険視され、入店や乗車を拒否されるケースが出ているという。現地の報道などによると、日イ間の交流事業のため同国を訪れた大阪産業大学の教員と学生計9人のうち1人が、インドネシア当局により発熱が確認されたとして病院に隔離される事態も起きている。

 

日本国内で感染者が増えていることに対する恐怖が根底にあるとされるが、日本大使館も「悪質な嫌がらせなどが増加する可能性がある」として、相談窓口を設置。インドネシア政府には過剰反応の防止を申し入れている。

確かにインドネシア政府が言うように、新型コロナウイルス感染者と一緒にダンスを踊っていれば、それは明らかな濃厚接触だ。しかし、筆者が取材を進めるにつれて、この「インドネシアにウイルスを持ち込んだのは日本人」という主張の根拠がはなはだ怪しいことが明らかになってきた。

なぜインドネシアだけ「感染者ゼロ」だったのか

まず、事実関係を整理したい。前提として、今回の新型コロナウイルスは中国の武漢で1月中旬ごろに初めて発生し、世界に拡大していったとされる。ウイルスの存在を各国が把握すると、各国政府は自国民保護のため、中国に住む自国民を航空機で強制帰国させる措置をとった。日本は1月29日に第一便で206人が帰国し、このうち5人の感染が確認されている。

一方、在中国インドネシア人の帰国が始まったのは2月2日だったが、第一便に乗っていた238人からは、なんと感染者は1人も発見されていない。同時期の2月4日に帰国したマレーシア人104人からも2人の感染が確認されていることから考えれば、1人もいないというのは不自然だ。ほかの周辺国のシンガポール、オーストラリア、フィリピンでも同様に患者が確認されている。「ゼロ人だった」という国は他にないのだ。

 

まして、3月2日と発生から1ヵ月半も経って感染が初めて確認されるというのは、どう考えても検査体制が十分でなかったことが理由だと思われる。インドネシアのネットでは「わが国に感染者が出ないのは、劣悪な生活環境で免疫が強くなっているからだ」という自虐的なツイートが話題になっていたが、それはあくまで冗談だととるべきだろう。

武漢→バリの直行便もあった

私が「インドネシアにウイルスを持ち込んだのは日本」説を大いに疑うもう一つの理由は、世界的に有名な観光地のバリに、発生地の武漢から直行便が飛んでいたことだ。

インドネシア政府は2月5日以降、中国本土からの航空便の運航停止や,過去14日間に中国滞在・訪問歴のある渡航者の入国と乗り継ぎを禁止するなどの措置を始めたが、逆に言えば日本と同様、コロナウイルスが騒がれ始めた後にも中国人がインドネシアに堂々と入国していたことになる。

Photo by gettyimages

言うまでもなく、バリは中国の旧正月連休の人気旅行先であり、同様に中国人が多く訪れる東京、大阪、北海道、韓国、タイなどの感染拡大を見ても、バリが無傷であるとは到底考えにくい。バリの名物はナイトクラブである。ダンスどころではない「濃厚な接触」が、そこここで繰り広げられているのだから。

新型コロナウイルスは必ずしも感染者全員に肺炎などの重篤な症状が出るわけではなく、重い風邪とみなされるケースも少なくないことがわかっている。インドネシアの医療環境は日本や韓国、シンガポールなどと比べてかなり劣っていると言わざるを得ないため、患者がいても明るみに出ないことが多いと考えられる。

 

上記のような事実を踏まえると、日本人が「ウイルスを持ち込んだ犯人」としてスケープゴートにされてしまった感が否めない。先月に世界中の話題をさらったダイヤモンド・プリンセス号には、インドネシア人の乗組員約80人が乗船していたこともあり、インドネシア国内では日本政府への対応に批判が高まっていたことも、こうした日本への反発の一因になったのではないか。

ただ、現地邦人の意識も低い…

さて、ここまでインドネシア政府の検査体制の不備や、ダイヤモンドプリンセス号での日本政府の対応が世界中で批判的に報道されたことなどにより、特にインドネシア国内で日本が「感染源」という汚名を着せられていることについて述べてきた。

ただ、インドネシア現地の関係者への取材によると、現地駐在員などの日本人も、感染拡大予防についてはかなりリテラシーが低い行動をとっているようだ。

先の自営業者の男性によると、ジャカルタ市内に勤務するある日本人の会社員男性が、感染が確認されたダンス教師の女性が参加した旅行ツアーに同行していたが、感染検査の結果が出ないうちに、通常どおり出勤してミーティングに参加したのだという。

 

「そのミーティングに同席した知人によれば、周囲はドン引きでしたが、来てしまった以上はどうしようもないので、早々に打合せを切り上げたといいます。これだけインドネシア人の目が厳しくなっているのに、当の本人には全くその自覚がない。こういうことがあったのを聞くと『日本人が感染源だ』と言われても仕方ないと思いますね」(自営業の男性)

外国人恐怖症には気を付けたい

新型コロナウイルスの感染拡大が本格化し、早くも約2ヵ月が経過しようとしている。致死率はかつて流行したSARSより低く、感染力はインフルエンザより弱いとされながら、こうしたパニックが起きていることを考えると、疫病の流行の際には「科学的根拠に基づかない恐怖」が猛威を振るうことがわかる。

スマートフォンSNSによる誤った情報の拡散も、それに拍車をかけている。日本でもかつてのオイルショックさながら、何の根拠のないトイレットペーパーの買い占めが起きていることをみても、群集心理というのは非常に恐ろしく、インドネシアで「日本人元凶説」が出回るのも無理はない。

 

少なくとも今年は、今後も海外旅行をはじめ、国際的な人の移動は相当抑制されることになるだろう。ちょっとした「鎖国」の状況下で、外国人に対するデマやネガティブなイメージが増幅されることが危惧される。インドネシアの状況を他山の石としたい。